「使う」と「遣う」の違いとは? │ 日本語ややこしい問題

「使う」と「遣う」の使い分け、自信を持ってできていますか?

筆者、ぜんぜん自信がありません……。

そこでWebや辞書を調べてみた結果、行き着いた答えは「わからない」でした。

は?そんなことある??

と思ったあなた、そうですよねわかります。筆者もそう思いました。世の中、答えの出ない問題もたくさんあるんですね。

ではここで、「使う」と「遣う」の違いについて、調べた結果をご紹介します。

「使う」と「遣う」の違い

「使う」と「遣う」意味はほぼ同じです。使い分ける意味はあるのでしょうか?

普段は「使う」を使えばOK

もちいる、利用するという意味の「使う」。

道具を使う、頭を使うなど頻繁に使われる言葉ですね。

普段の「つかう」は基本的に「使」を使用しましょう。

遣う=思い通りに動かす・費やす

用いる・利用するという意味は「使う」と同じ。「遣う」には、言いつけて用をさせる、費やすなどの意味があります。

言葉遣い、気遣いなど。

お金にまつわることが多い?「遣い」

「金遣い」や「お小遣い」など、お金にまつわる言葉が多いのも特徴でしょう。

なんで違うの?ややこしや

どちらの漢字を使っても意味が間違いものは多いようです。

特徴としては、「遣」は「●●遣い」と表記する場合が多いとを覚えておきましょう。

迷ったときはひらがな「つかう」「つかい」でOK

ここまで書いたように、結局「使う」と「遣う」の使い分けはかなりあいまいです。迷ったら、ひらがなの「つかう」でOKだと思います。

たまに「言葉警察」がやいのやいの言いますが、それよりも読んでいる人に伝わることが重要です。

広辞苑では

つか・う 【使う・遣う】(中略)◇広く一般には「使」を用いる。金銭をつかう、心を働かせる、技や術を巧みに操る意のあるとき「遣」も用いるが、動詞形では、「気遣う」以外は「使」が普通になっている。

引用:『広辞苑 第六版 岩波書店』

上記のように、定義はあいまいです。辞書がここまでざっくりな表記なら、大抵のことは許される気がしてきました。

新明解国語辞典では

つか・う【使う】(中略)一部の用法は「遣う」とも書く
引用:『新明解国語辞典 第七版』三省堂

いやいや、“一部の用法は”って、かなり説明が雑ですよね。どっちでも大した問題じゃないよってことでしょうか。

記者ハンドブックでは

つかい・つかう(中略)遣〔特別用語。主に名詞に〕息遣い、上目遣い、仮名遣い、金遣い、気遣い、気遣う、心遣い、小遣い銭、言葉遣い、人形使い〔人形浄瑠璃〕、筆使い、無駄遣い、文字遣い、両刀遣い
〔注〕原則として「○○をつかう」などは「使」、「○○づかい」は「遣」。紛らわしいときは平仮名書き。「色づかい」は160ページ参照。(後略)
引用:『記者ハンドブック 第12版』共同通信

もうね、「色づかい」が気になって仕方ないですよね。

色使い〔絵の具などの色の使い方〕独特の色使い
色遣い〔遊興で金銭を遣う〕遊里での色遣い
引用:『記者ハンドブック 第12版』共同通信社

つまり「色遣い」は……雑に言うと、遊郭で金を使うこと。現代ではあまり出番がない言葉かもしれません。

納得行かない「人使い」「魔法使い」「召使い」

「魔法使い」は、魔法を操るのに「遣う」は使いません。

「人使い」「小間使い」「召使い」なども人がお金で人をつかうのに「遣う」とは書きません。

これらの言葉は「例外として〜」と注意書きがされて「遣」ではなく「使」を用いるとありますが、その理由はわからないまま。

割り切れない問題もあるよね世の中、と納得しましょう。

気を使う・気を遣うは違う意味なの?

ネットで調べてみると「気を使う」「気を遣う」の意味は違うとの主張がちらほら見られました。

しかしこれは、かなり解釈がわかれているようです。

いくつかのWebや辞書から引用してみます。

気を遣う あれこれと配慮する。
引用:『慣用句・故事ことわざ・四字熟語使いさばき辞典』東京書籍

気を使う
周りの人などに配慮しながら、細かいところにまで意識をかたむけること。
「使う」は「遣う」とも書く。
引用:「気を使う」の意味│ことわざ辞典ONLINE.

気を使う
配慮する。心を配る。一般的には「気を遣う」と表記する。気遣い。
引用:「気を使う」の意味や使い方 Weblio辞書

まとめ

いろいろ調べて「使う」「遣う」に関してわかったのは「人によって意見が分かれる」ということでした。

「気をつかう」に関して言えば、筆者は「遣う」派です。

「気を使う」にすると、例えばゲームの「気」を使うとか「悟空が気を使って相手を倒す」のようなイメージが浮かんでしまうので。

「遣う」の方が、相手を思いやるイメージがあると思うのですが……どうでしょうか?

 

今回、言葉に確固たる正解はないんだなと、つくづく思いました。

もし「こんな記述もあるよ!」というのがあれば、ぜひ教えてくださいね。

 

こちらの記事もどうぞ↓

【ぽっと出の新人】の「ぽっと」とは?
「ぽっと出の新人が偉そうに!」お決まりのセリフに登場する「ぽっと出」の意味とは?なぜ、ぱ・ぴ・ぷ・ぺ ではなくて「ぽ」なのか。言葉の謎(?)に迫ってみました。
「にくい」と「づらい」の使い分け & 深読みを楽しむ方法
「にくい」「づらい」の使いわけ、正しくできていますか?ニュアンスが違うだけかと思いがちですが、意外と明確に意味が変わる場面があります。「にくい」「づらい」相手がどちらを使ったかによって、深読みすることも可能です。
立ちはだかるの「はだかる」とは?裸との関係はあるのか問題も解消
「立ちはだかる」の「はだかる」とは、どんな意味でしょうか。「立ちはだかる」以外に「はだかる」を使うときはあるのでしょうか。意外に知られていない「はだかる」についてご紹介します。
ください/下さい の違いとは? │ ビジネスでは「ください」が基本
「下さい」「ください」は別の意味があります。 難しいことは置いておき「下さい=欲しい」「ください=お願い」とおぼえましょう。ビジネスのやりとりでは「下さい」を使う場面は少なくなります。

それでは、ここまで読んでくれたあなた、好きです!ありがとうございました。

 

created by Rinker
東京書籍
¥3,190 (2022/05/26 02:11:23時点 Amazon調べ-詳細)