覚える/憶えるの違い │ 覚えるだけ使えばOK

「覚える」と「憶える」どちらを使えばいいんだろう?

ふと、わからなくなってしまいました。どちらを使ってもしっくりくる言葉の場合、使いわける方法はあるのでしょうか?

答えはかんたん

迷ったときには「覚える」でOK

上記の答えにたどり着きました。

常は「覚える」を使う理由

「覚える」と「憶える」、迷ったときには「覚える」を使いましょう。
「憶える」は常用漢字ではないため、意図した場合でない限り、無理に使う必要はありません。

おぼえる
(憶える)→覚える 覚えが早い、覚えがめでたい、覚え込む、覚え帳
『記者ハンドブック 第12版』共同通信社

小説や歌、映画のタイトルでは「憶える」が使われるケースがあります。

あらたまった場では「覚える」が無難、個人の創作物やブログなどは「憶える」でもよさそうです。

「常用漢字」は絶対ではない

常用漢字は、常用漢字表にあげられている漢字のことです。公的な場である法令、公用文書、新聞などで使われます

常用漢字表に記載されていないから、使ってはいけないという制限はありません

1 大正12年(1923)文部省臨時国語調査会が発表した日常語一般に使用される1962字の漢字とその略字154字。

2 内閣告示の「常用漢字表」にあげられた漢字。一般の社会生活で漢字を使用する際の目安として示されている。方針や採用字種の検討などは文化審議会が行う。昭和56年(1981)、それまでの「当用漢字表」に新たに95字が追加され、1945字として告示。さらに平成22年(2010)11月30日に196字を追加、5字を削除した2136字の「改定常用漢字表」が告示された。→当用漢字

常用漢字(じょうようかんじ)の意味 – goo国語辞書

12年前、2010年にも新たな漢字が追加・削除されるという変化があったようです。

「追加された漢字が、現在はどの程度浸透してるのか?」というテーマのおもしろい記事があるので、ぜひご覧ください↓

漢字カフェ
日常に“学び”をプラス 漢字カフェ 暮らし 常用漢字表改定から10年、追加字はどう浸透した?~令和元年度「国語に関する世論調査」結果より~  こんにちは、漢字カフェ担当のキンスケです。 9月25日、文化庁が令和元年度「国語に関する世論調査」の結果を公表しました。今回は、「国語

「覚える」と「憶える」の違い

「覚える」も「憶える」も記憶するという意味。

「覚える」は記憶のほかに「経験・学びを身につける」意味を表します。「憶える」は、頭や体で記憶するという意味しかありません。

かなり大雑把ですが、使いわけの説明はこれだけです。

「憶える」はこだわりを持っている場合に使う

と覚えておきましょう。

ここまで読んでいただきありがとうございます!

 

created by Rinker
日本漢字能力検定協会
¥1,100 (2022/05/26 02:21:10時点 Amazon調べ-詳細)