配達の遅いピザ屋にキレる方法ってなに?│ キレ方の作法を考える

いいか、配達員が来たらキレろよ!

これ、生きてきた中でもっとも理不尽だった要求です。

 

今からウン十年前の東京、眠らない街・新宿。古びたコンクリートに黒っぽいしみがこびりつき、どうみてもカタギでない人々が行き交う、団地のような集合住宅の一室。むわんとした空気が漂う中にいるのは、編集長とカメラマンと女優さん、そして筆者。

当時エロ本編集部に勤務していた筆者は、その日もピンクな撮影を行っておりました。昼はピザを取ろうという話になり、注文したんです。

しかし、電話して30分以上たってもブツは届きません。

キレ散らかすことにかけて右に出るものはいない、そんな当時の編集長(今は知らない)。案の定、すぐにイライラはマックスに到達しました。

まだ来ないのかよ?としかめっ面をキメこんでおられます。

 

まじかよー、もういいよー、また私にキレるの勘弁してくれよー

と、今なら軽やかな気持ちでいられます。が、当時の筆者は若かった。ハタチそこそこの純粋な小娘には、もう編集長が怖くて怖くて仕方がなかったんですよ。

おまけに小心者ゆえに「なにか悪いことしたかも」「私のせいかも」と、100%勘違いでビクビクおろおろ。

そして飛び出したのが、冒頭の編集長の発言です。

いいか、配達員が来たらキレろよ!


……は?
いや、はぁ??
はぁぁぁああああああ???

どうですか、今思い出してみてもやっぱり意味がわかりませんね。計画的にキレるって、できるもんなの?

どうしよう、ブツはもうすぐやってくる。
心臓がばっくんばくん跳ね上がる。
胃からナニかが飛び出しそうだぜ!!!

 

ピ…ンポーン

ぎょえーーーーーーーーーキてしまったーーーーーーー!

 

撮影で「イクイク」あえぐ女性を尻目に、こちらは「来た来た」ヤバイどうしよう。
方針がまるで定まっていない。
ぎょわわわわわ…………怖い怖いタスケテおかあさーん

そして、当時の筆者はアホだった。怖かった。冷静な判断ができなかった。

頭に血がカッっとのぼり(本当か?)
気づいたときに口から出た言葉がコレです。

 

あの……遅かった……ですね?ちょっと安くなったり……しませんか?

 

全然キレてない、ただのクレーマー。難癖つける嫌なヤツ。

すかさず編集長がやってきて

違う!!!!!そういうんじゃねぇんだよ!!!!

と、私まで配達員と一緒に激怒りをされ、罵詈雑言を浴びせれたような気がします。もうね、なんて言われたか詳細を覚えていませんがね。

そんなこんなで、今でもときどき思い出すんですね「あれの正解、なんだったんだろうなー?」と。

“正しいキレ方”ってなんだろう

その昔キレられすぎて、誰かにキレることができない体になりました。頭にくることはあれど、家族に怒るくらいです。

キレるって、偉いの?
キレるって人生に必要?

できれば「キレる」とは、縁遠い人生を歩みたいものですね。

そういえば以前、お坊さんに「怒りをコントロールする方法」をお聞きしました。

怒りに気付き、そのまま受け入れる。自分の体の反応を観察していくと、いつのまにか受けが流せる。要約するとそんな内容でした。セルフマネジメント研修を取材したときにも、講師の方が同じ内容を教えていましたよ。

怒りを感じたら、キレそうになったら、まずは自分を観察してみましょう。

キレる効能はある/ない?

キレるといいことがあるのかな?メリットがあるのかな?との視点から考えてみましょう。

結論:メリットなんて、ない!

強いて言うなら、相手に威圧感を与えられることでしょうか。威圧感を与えても、いいことなんて何もない気がしますけどね。

ではなんでキレるのでしょうか。それは「我慢できないから」「怖いから」かもしれませんね。ヤられる前にヤル、攻撃される前に仕掛ける!そんな気持ちが働いているのかも。

キレ散らかす人を見かけたら、あービビってんのかな?かわいそうに、と、遠巻きに眺めておきましょう。関わらないのが一番ですね。


ここまで読んでくれたあなた、好きです!!!筆者はキレませんので、どうぞ安心してご相談くださいね。

created by Rinker
DHC(ディー・エイチ・シー)
¥841 (2022/10/07 07:57:57時点 Amazon調べ-詳細)