移住先を「大分県別府市」に決めた理由

「移住したいな」と思ったときに、頭に浮かぶ場所はどこでしょうか。

エメラルドグリーンの海が広がる南の島?
深い森の中に建つ小屋?

「どうしてもここに住みたい!」という願望があるなら別ですが、移住はいろいろな視点で考えて、自分がベストだと思う場所を選びたいものです。

移住したいけど、どこがいいかな?

と考えている方もいるでしょう。

そこで2回の移住を経験した筆者が、奄美大島からの移住先を「大分県別府市」に決めた理由をご紹介します。

直感に従うもよし、景色や空気の良さで決めるもよし。移住先を決定するための要素は、意外と多いんです。

移住先を別府に決めた理由

四国や熊本なども移住先の候補に挙がっていたのですが、大分県別府市に決めた理由は主に5つです。

気候がいい

奄美大島で大自然の驚異を体感した筆者と夫。気候条件はかなりの優先事項でした。

  • 台風の進路になりにくい
  • 比較的温暖(実はそうでもなかったけど)
  • 雨が多すぎない

上記の条件で探したところ、別府が候補に挙がりました。

とにかく「台風の進路ではない」ことが重要なポイント。なにせ「台風銀座」の奄美大島に住んでいたもので……。

温泉がある

Webで物件を探しているときに「温泉付きの家がある」と知ったとき、テンションが爆上がりしてしまい、別府移住への勢いが強まりました。

奄美大島の家ではシャワーのみの生活。お風呂がゴエモン風呂で、沸かすのが大変だったことも関係しています。

コアな温泉ファンではありませんが、温泉地の持つ独特の雰囲気が大好きだったことも、決め手のひとつでした。

有名な観光地

ライター・編集者という筆者の仕事柄「観光地なら仕事につなげやすそう」という考えもありました。

また、観光が盛んなところは「人を受け入れる土壌がある」ため、よそ者を受け入れる体制が整っているだろうと予想したんです。観光地の人は、外からの人に慣れていますからね。

人の出入りが活発

別府には3つの大学があり、学生や観光客など海外の人が多い点も魅力的でした。

いろんな人がいれば、おもしろい人との出会いがあるだろうと思ったのです。

なんとなく

なんかおもしろそう!

最終的には、そんな感覚・直感で決めました。しかし、それは間違いではありませんでしたよ。今まで住んできた中でもとても住みやすいと感じています。

別府に住むまで知らなかったこと

事前にはわからなかった別府のイイところをご紹介します。

移住者が多い

先輩の移住者が想像以上に多かったのは、とても嬉しかった点です。

移住者の疑問や困りごとを乗り越えてきたのが、先輩移住者たち。相談に乗ってもらったり、情報をもらったり、打ち解けるのも早いです。

魚が安い・ウマい

普通のスーパーに並んでいる刺し身でも、本当においしい!初めて食べたときにはびっくりしました。

とくにイカやハマチなどは、お店で出されてもおかしくないくらい、とにかくウマいんです。

山がおもしろい

毎日見える山、実際に登ってみると意外と楽しいですね。小さな大冒険ができます。

大分県が楽しい

大分県は面積が広く、自然や神社仏閣もたくさんあります。1〜2時間あれば車でいろいろと行けるので、行動範囲が広がりとても楽しいです。

読んだら行きたくなる!大分県のアウトドア情報フリーペーパー「Wonders of Oita: Nature and outdoor activities」できました!
 “Wonders of Oita: Nature and outdoor activities”とは?豊かな自然あふれる大分県。 その素晴らしさをみなさんに、思う存分あじわってもらいたい。メジャーではないけれど、絶対におすすめしたいスポッ
神社仏閣
「神社仏閣」の記事一覧です。

別府移住のデメリット

税金が高い

大分県の中では、税金が高いようです。その分、温泉に安く入れることで相殺されているのかもしれません。

ペット可の一軒家は駅近くには少ない

別府市内で駅近くに引っ越しを希望したとき、ネックとなったのが犬です。ペット可のマンションはお高いところが多いし、一軒家はほとんどないし、探すのが大変でした。

まとめ

住む場所の景色や人柄はもちろん重要ですが、移住するには天候やその他の要因も大切です。

どんな暮らしがしたいか、何の仕事をするのかによっても、優先事項が変わるでしょう。

自分には何が必要か、譲れない条件はなにか、まずはその辺りをクリアにしてください。

そして最後は「おもしろそうかどうか」「なんとなく印象がいいか」で決めるのもアリかなと思います。

住めば都になるか、地獄になるか……

よい移住先を見つけるヒントになれば幸いです。

こちらの記事もどうぞ↓

1年ほど仮住まい→現地で家探し「2段階移住」がおすすめな理由
移住先の家を決めるのは大変。どんなに入念にリサーチしても、現地にいったら家を取り巻く環境や住む人など、思いも寄らない事態が起こります。2回の移住経験から得た答えは、2段階移住でした。2段階移住がおすすめな理由を解説します。
移住後の「仕事どうしよう?」問題を考える
移住を検討するときに、まずネックとなるのが「仕事」。仕事が決まらず移住できない、給料安くてびっくり……などなど、切実な問題です。この記事では2回の移住を経験した私が、おすすめの仕事の決め方や、理想の働き方を実現するヒントをご紹介しています。
2回の移住と仕事の話 │ 30→40代フリーランスライターの場合
移住と仕事は切り離せない問題です。働き方が大きく変化するなかで、フリーランスを選択する人も増えています。そこで2回の地方移住をしたライター・編集者が、地方で仕事を獲得してきた経験や、その中で得た教訓をご紹介します。

ここまで読んでくれたあなた、好きです!ありがとうございました。

 

created by Rinker
KADOKAWA
¥1,540 (2022/05/26 11:02:31時点 Amazon調べ-詳細)