【奄美大島移住への道】奄美で家を探す方法

奄美大島の海
(写真は我が家から歩いて3分の海。観光客も地元民もほとんど来ません。)

泥ぬマコが奄美大島に来たのは、3年前の8月。
島生活、4年目に突入中です。

妊婦なのに車ごとフェリーで来て、その日は車中泊しました。
いやー暑かったなぁ。

島に来る前からインターネットで情報を探したり、
市役所に問い合わせて資料をもらったりしたのですが……

なかなかよい物件がなく、

だったら見つかるまでは車中泊でなんとかしよう!

という結論に至ったのです。妊婦だけど

では実際の経験を踏まえて、「奄美・家探しの方法」をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

役所に行く

物件を探すなら、まずは役所に行きましょう。
ただし、これは名瀬(奄美の中心地)以外の場合です。
私は笠利に住むと決めていたので、すぐに笠利の役場に向かいました。

どのあたりに住みたいか?というのも、
あらかじめ情報を集めて検討しておいたらいいと思います。
特にこだわりがなく、家重視!というのもそれはそれでアリですね。

それから、役所の人に物件を案内してもらいたいなら、
事前にアポ取りした方がいいでしょう。担当者さんも忙しそうですから。

役所の方は、笠利町で空いている住宅(市が管理している家)だけでなく、
一般の人が募集している家も教えてくれる場合が多いようです。

ちなみに奄美市には定住促進住宅というのがあります。
住むためには、納税証明書や将来のついての作文など面倒な書類が必要ですが
台風にも負けないしっかりした家が
比較的安い家賃で借りられるので魅力的ですね。


(※2015年8月現在は募集なし)

不動産屋に行く

名瀬市内ならば、不動産屋がいます。
しかし他の地域は、基本的に役所かクチコミしかありません。

名瀬市内は2DKや3DKで4~5万円くらいが相場でしょうか?
名瀬市内でなければ、家賃が1万円なんていうのも珍しくありません。

ただ、奄美の物件には水洗トイレでない場合も多いので、
汲み取り式トイレの場合は家賃がものすごく安くなることがありますよ。

【奄美の不動産屋リスト】
(有)興和不動産

(有)あっとホーム

(株)奄美ホーム

奄美NEXT不動産

池田不動産株式会社

(有)南海観光

(有)明通不動産

ライフサポート

などなど

空家バンク

つい先日、こんなニュースがありました。


まだまだ整備中のようなので、あまり情報が出てきませんが。
何か進展があったら、追記する予定です。

使えそうなサイトをご紹介しますが、
今はあまり空きがないような状況みたいですね。

せとうち空き家バンク│奄美群島への移住支援サイト ねりやかなや

空き家バンク(空き家情報登録制度)│龍郷町

鹿児島“しま”のサポーター│奄美大島 お住まい・お仕事のご案内

歩いて探す

名瀬以外の地域なら、これが一番の道です。
気になる場所周辺をうろうろして、色んな人に話しかけましょう。

歩いている人、お店の人、だれでもOK

面倒くさがって「ないない」という人もいますが、
一生懸命考えて知り合いに電話してくれたり、
あそこなら……と案内してくれる人に出会えることもあります。

私が今住んでいる家は、奄美に来てからふたつめのお家ですが
いろんな場所を歩き回って見つけました。

歩いているおじいちゃんに

「この家空家ですか?」

と聞いたら
近くに管理人の親せきがいると案内され、
書類契約も敷金礼金もなにもなく契約完了。
現在に至る感じです。

ちなみに家賃は5,000円です。

やはり、突然島に来て家探しをしてもなかなか見つからないのが現状。
最初は条件をゆるくして名瀬市内で部屋を借り、
そこを拠点に落ち着いて家探しをする。
というのがよい方法なのかなと思います。

島での知り合いが増えれば、自然に“家情報”も集まってくるでしょう。
また、集落や地域ごとの特徴などもしっかりと理解してから家探しをした方が、
長く楽しく島暮らしするにはよいと感じます。

ここまで読んでいただきありがとうございます!
それでは、また。泥ぬマコでしたー。

参考サイト
移住者たちの住まい情報│奄美群島への移住支援サイト ねりやかなや

【奄美大島移住への道】奄美で家を探す方法
この記事をお届けした
泥ろぐの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. キノシタ シゲユキ より:

    マコさん、楽しく読ませて頂きました。ありがとう。
    自分は52歳の埼玉在住で、同じく×1の彼女と2度
    奄美を訪ねて 二人とも とても気に入っております。
    将来は、奄美で住みたいねと語り合っています。
    実践の移住の話は、参考になりました。
    また、サイトに寄らせて頂きます。

    • doronumako より:

      キノシタさん

      コメントありがとうございます!

      奄美移住、どこに住むのか地域や集落を選ぶのが一番大切だと思います。
      現地の方や友人などに、住みたい場所の雰囲気などを念入りにリサーチするのがオススメですよ。
      地域によって行事への参加などの意識が全然違うので。

      またぜひ読みに来てください!!

  2. 西田賢司 より:

    初めまして。奄美大島に住み出して、三ヵ月が過ぎました。右も左も分からず戸惑いながら生きています。
    関西との文化の違いにはビックリすることばかりです。奄美の方々と仲良くなるため屋仁川辺りをぶらぶらとしておりますが、何か、異国の地みたいな感覚でなかなか馴染めないです。 色々な奄美の事をまた教えてくださいませ。

    • doronumako より:

      コメントありがとうございます。泥ぬマコです。
      実は……2016年の10月末に奄美大島→大分県へ移住しました。
      ふらふらしておりますが、何とか生きています。

      屋仁川通り、私ももっともっと攻めたかったのですが
      名瀬とは遠い笠利町にいたため&娘が小さかったので
      あまり探索できなかったのが悔しいです。

      奄美の方は、基本的に驚くほど優しい人ばかりです。
      ただ、ちょっとシャイなので、こちらからガンガン絡むと
      向こうもほぐれてくれるのではないでしょうか?

      特に屋仁川ならお酒の力も借りて、まずはひとり・ふたり仲間になれば
      友達の友達はみな友達方式でどんどん知り合いも増えると思いますよ!

      大分県に来てまだ日が浅いので、奄美のあたたかい人達が恋しくもあるこの頃です……
      奄美大島での生活を、存分にたのしんでくださいませーーーーー!