フリーランスは「営業時間を決める」のがおすすめ

フリーランスの人は、時間管理も大切な業務のひとつです。

・家で仕事をすると、つい作業時間がオーバーしてしまう
・あれこれ気になって、気付けば夜も仕事に追われる…
すぐに返信しないとダメだと感じ、ずっとメールを気にしている

そんな人も多いでしょう。

仕事ばかりの生活になると、無理がたたって体を壊したり、心が追いつかなくなったり、やっかいな問題が出てくるキケンがあります。

今回は、フリーランスこそ「営業時間」を決めよう!というお話です。

営業時間を明記する

フリーランスはいつまででも、働いてしまいがちです。

就業時間や合図もありませんから、時間を忘れて仕事する人も多いでしょう。

タイムカードもない上司もいない残業代もつかないのに、セルフブラックになることもありますよね。

「私はこれしか働かない宣言」が必要

フリーランスは、体が資本。

体調を崩せば働けなくなり、収入が減るだけです。体調管理は本当に大切。

とくに責任感が強い切り替えが下手な人こそ、時間をしっかり区切りましょう。

夜中のメール休み中の連絡、律儀にすべて即対応の必要はありません(場合によっては必要ですが……)

メールの署名に記載する

まず、メールの「署名」に営業時間を明記するのがおすすめです。

ひと目に触れるプロフィールに書くのもよいでしょう。

受付時間・営業時間と書けば、印象が悪くなることもありません。

初めての取引の人には説明する

初めての仕事相手には、早い段階で営業時間を伝えればOKです。

「あの人はこの時間はつかまらないから」という印象を与えておくと、相手に迷惑をかけることもありませんよね。

急ぎ案件に対応するかどうかも伝える

ただし、時と場合によっては祝日・休日対応もあります。

急ぎの案件で納期が短く、詰めて進行しないといけないときもあるでしょう。

そんなときに対応できるのか、無理なのかはしっかり伝えてください。

双方納得できるカタチが理想ですね。

まとめ

つい仕事を続けてしまい「もう少し」「キリのいいところで…」と進めるうちに夜になってしまった……

そんなことにならないように、ぜひ自分で営業時間を設定し、周囲の人にも伝えていきましょう。

フリーランスを続けるには「無理は禁物」ですよ!

 

こちらの記事もどうぞ↓

2回の移住と仕事の話 │ 30→40代フリーランスライターの場合
移住と仕事は切り離せない問題です。働き方が大きく変化するなかで、フリーランスを選択する人も増えています。そこで2回の地方移住をしたライター・編集者が、地方で仕事を獲得してきた経験や、その中で得た教訓をご紹介します。

ここまで読んでくれたあなた、好きです。ありがとうございました!!

 

created by Rinker
日本ブイ・シー・エス
¥1,070 (2022/05/26 02:21:02時点 Amazon調べ-詳細)