未経験からフリーライターになる方法を考えてみましたよ

20150812b

主婦でも主夫でも学生でも、時間とチャンスがあるならばいつでもなれるフリーライター。

しかし現実は、とっても安い仕事から単価が上がらなかったり、
締め切りや業務にに追われ挫折したり、
想像と違った仕事ばかりでうんざりしたり……
ということもあります。

ネットだけでライター仕事を始めるのは、とても手軽です。しかし、ライターとして生計を立てるまでに長い時間がかかってしまい夢半ばであきらめる確率も高いでしょう。

今回は、着実にライターになるための経験を積み、実績を作る方法を考えてみました。

WEBコンテンツ運営会社に入る

WEBコンテンツ運営会社では、自社のサイトの運営、広告の作成、コンテンツの企画・作成、商品の宣伝など、書くことややることは様々です。

専門的な知識や業界の流れを知ることもできますね。とくにWEB業界では広告の知識を身に付けておくと、後々とっても役立ちます。

常に数字を確認しながらコンテンツや広告を作成していれば、何がユーザーに求められているのかを掴めるでしょう。

独立した後も新規サイト立ち上げに協力したり、コンテンツ作成を依頼されたり、仕事を回してもらえる可能性も高いです。

企業のWEB担当になる

人員募集の案件も多くみかけますし、会社にWEB担当がいるのは当たり前のような流れになっていますから、まだまだ求人は増えそうです。

自社のサイトを運営しながらコンテンツを考える仕事をすると、知らぬ間にたくさんのスキルが磨かれます。

自社をアピールする力、ビジネス的な文章の書き方、その業界の専門知識も身につきます。

大きな企業でも小さな企業でもいいんです。フリーになった時、同じような企業の案件があればしめたもの。特別な業界に詳しいライターは、単価も高くなりますよ。

出版社に入り編集者になる

社員でなくアルバイトでも問題ありません。出版不況と言われて久しいですが、求人もちらほら見かけますよ。

本や雑誌、時にはWEBの制作現場で働くことができれば、様々な体験、出会いがあります。

実際にライターがどのように案件を依頼されるのか、どんな流れで本ができあがるのか、携わる本や雑誌によって、深い知識を得られることも魅力です。

インタビューや取材など実際の現場を体験できるので、オールマイティなライターを目指せるでしょう。

ライターは書くだけなく、編集や構成の能力を求められることも多くなっています。実際、お題だけ出して後はライターに丸投げ。そんなクライアントも少なくありません。そんな時、編集で培った技術はとっても役立ちます。

興味ある分野の仕事に就く

今の仕事を突き詰めてプロフェッショナルになる、という方法もアリ。

直接ライターの仕事をするわけではありませんが、金融や保険関係のプロになるなら、保険屋の社員として知識を身に付けてからライターになる。というイメージです。

遠回りに見えるかもしれませんが、専門分野を持つライターは本当に強いです。案件自体が少なくても、かならず高単価での取引ができますよ。

ブログを書く

ブログでもホームページでも、あなた自身がWEBページを作ればやりたいライター仕事に直結する可能性は大いにあります。

上に書いた“興味ある分野の仕事”などしてる場合はとくに、ブログ作成をおすすめします。

・こんな分野にものすごく詳しい
・こういった能力がある
・集客力を持つ文章、読まれる記事が書ける
・SEOを意識した記事づくりができる
などなど、アピールポイントはたくさんあります。

他にはない情報、飛びぬけて人を惹きつけるサイトならそのままブロガーとして生きていけるかもしれませんね。

ない実績は自分のサイトで作る。これはかなり有効です。

外注として仕事をもらう

フリーライターに資格はありませんから、名乗ったモン勝ち。ライターの実績がなくても、意外と道が開ける方法がこちらです。

売り込み

あらゆる企業が持つホームページ。その中の「採用情報」「リクルート」などのページに目を光らせましょう。

意外と多くの企業が「外部パートナー募集」などとして、WEB担当者を募集しています。

編集プロダクション、WEB制作会社、そのほか町の小さな企業、地域密着型の情報サイト、各種ポータルサイトなどなど。

とにかく気になる会社があれば、必ず募集をチェックしましょう。
エクセルなどでリストを作り、片っ端からアプローチするのもありです。

ちなみに私は、現在は募集していないのに過去の募集記事を見てどうか一緒に仕事させてください!」とあつかましくお願いし、なんとか仕事にこぎつけたこともあります。

自分が惚れ込んだ会社なら、当たってみる価値はありますよ。

ただ、何も実績がない場合は何か見せられるものを作らなくてはいけません。自身でホームページやブログ、オリジナルの冊子などを作り、どんな仕事ができるか、どんな風に書けるのかを提示する必要があります。もしくは何か企画を持ち込むなど。

ただ「できます!」「やりたい」と言われても、じゃあ何をどんな風にできるの?をカタチで見せないと仕事にはつながらないんです。これで仕事を受けられれば、それが立派な実績になります。

クラウドソーシングを利用する

クラウドソーシングの安い単価の案件から始めるのはちょっと……と抵抗のある方もいらっしゃるでしょう。

最近では、インタビューの助手やお手伝いという案件もよく見かけます。もちろん、未経験でもOKです。

ライターとして取材経験のあるなし、インタビュー記事が書けるかどうかは大きな仕事の分岐点になります。少しでも興味があり、募集地域に近いのなら、ぜひ応募してみましょう。

まとめ

フリーライターになりたい!そう思ったら、とにかくいろいろ試してみましょう。

ここに挙げたのは、泥ぬマコの経験から考え出された方法です。
絶対に成功するとは言い切れませんが、
やみくもに文字単価0.2円のWEBライターをするよりは遥かに有効なはず。

もっともっといい方法があるよ!という方は、ぜひ教えてくださいねー。


ここまで読んでいただきありがとうございます!
それでは、また。泥ぬマコでしたー。

 

created by Rinker
¥1,188 (2022/05/26 10:18:18時点 Amazon調べ-詳細)