ライター仕事の“文字単価”に潜む落とし穴

サムネイル元

文字単価0.8円で600字×5本
文字単価0.5円で1500文字×10本

どちらもテーマは「美味しい野菜の選び方」だとしましょう。
このふたつから、あなたはどちらを選びますか?

スポンサーリンク

文字単価と文字数は重要ではない

それぞれ報酬は1本480円、750円。
10本セットで1案件なので、2400円と7500円。
そう、単価が安くても後者の案件の方が稼げるのです。

しかも、どちらも1記事作成にかかる時間はほとんど変わらないという事
実があります。

600文字と1500文字では2倍以上も違うじゃないか!
と思いますよね。その通りです。
しかし、リサーチする手間と時間はほぼ変わりません。

調べればたくさん情報を得られる記事の場合、
むしろ短くする方が大変なこともあるんです。

さて、よくやりがちな失敗に「調べた情報を全部書こうとする」というのがありま
す。
せっかく調べたんだから書きたい。そんな気持ちになるんですね。

そして勢いに任せて記事作成しても、結局バッサリ削ることになります。
それならば、最初から文字数が多くても少なくても大差はなく、
むしろ文字数の多い方が書きやす い場合も多いんです。

案件ごとの記事数にも注目

ふたつの案件で注目すべきはもうひとつ、1案件の本数です。
たくさん書けそうなテーマならば、記事数の多い案件を選んだ方が結果的にお
得になります。

同じテーマで何本か書く場合には、まず全体の案件の概要を掴み、調べる時は
全てを一気に調べるのが効率的。

1記事ごとに調べて記事作成をしていると、
「あれ、さっきもこのページ見たな?」
なんてことがよくあります。

使える情報が載っているサイトや資料を見つけたら、テーマごとにまとめてメ
モを取ってしまえば、
記事数が5本だろうが10本だろうが、これも手間はそこまで変わりません。

記事を書く時間も調べる時間も、記事数と文字数にはそこまで大きく影響しな
いんです。

1案件5記事を何種類もやるよりも、1案件20記事をやるほうが効率よく仕事を回せるでしょう。

でももっと大切なのが……

文字単価も文字数も記事単価も大切ですが、特に初心者ライターにとって重要
なのが「指示する側」の対応です。

例えば「美味しい野菜の選び方」の記事0.5円×1500文字×10本の場合。

【指示A】
テーマは「美味しい野菜の選び方」です。1500文字以上で10本の記事作成をお
願いします。

【指示B】
記事①トマト 選び方
記事②ナス 選び方
記事③オクラ 選び方


【指示C】
記事①キーワード:トマト 選び方
小見出し1:おいしいトマトとは?
→どんなトマトがおいしいとされるのか説明してください

小見出し2:トマトの種類
→一般的なトマトの種類とその特徴を説明してください

小見出し3:おいしいトマトの選び方
→おいしいトマトの選び方を紹介してください 

記事②キーワード:ナス


さて、うえの指示A~Cだったら作業しやすいのは……
どう考えてもCですよね。

初心者大歓迎!という案件では、ほとんど丁寧に解説してくれると思います。
しかし、中にはB、ひどいとAくらいに大雑把な指示もあるんです。

慣れてくればそこまで難しくありませんが、記事構成は意外と手間。
なるべく親切なクライアントの案件からはじめないと、ハードルが高い場合も
あるでしょう。

最初から丸投げのクライアントで鍛えるという手もありますが、
親切丁寧なクライアントの仕事の仕方を見ることで、いろいろと勉強にもなります。

このように、ライター案件は単純に文字単価だけでは測れないところがあるん
です。
文字単価と文字数はそこまで気にせず、良質な案件を見つけてくださいね。

ここまで読んでいただきありがとうございます!
それでは、また。泥ぬマコでしたー。

ライター仕事の“文字単価”に潜む落とし穴
この記事をお届けした
泥ろぐの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

スポンサーリンク