「刺さる」言葉と「なでる」言葉

刺さるなでる刺さる(言葉)」という表現がこんなにもメジャーになったのは、いつ頃からでしょうか。

以前は「胸に刺さる」「心の奥にグサっと刺さる」など、何かしらの言葉の後に続けて使っていた気がします。

今では刺さるキャッチフレーズ刺さる文章読み手に刺さる広告などなど、さまざまなシーンで使われるフレーズです。

巷にあふれる「刺さる」とは何なのか、考えてみました。

ハード・衝撃・戦いの世を連想させる言葉「刺さる」

単語「刺さる」は、言葉の中でも強い部類に入ります。刺す、刺される、刺し傷……いずれにせよ血がしたたり落ちてくるような、痛々しい場面が想像できますね。

妙齢男女の痴情のもつれとか、武士同士の負けられない戦いとか、アンディ・フグとか?そんな連想が止まりません。

だからこそ、それだけ相手の心に爪痕を残す!グッと入り込むという印象に直結して、使いやすい言葉なのでしょう。

でも正直「刺さる」って、痛くないですか?ダイレクトすぎてちょっと「うっ」ってなりませんか?

勢いがよすぎる気がして、最近は使うのに尻込みしてしてしまうんです。

ふわっとしつつ淫靡な妄想を煽る言葉「なでる」「くすぐる」

一方で「なでる」「くすぐる」。この響きはどうですか、平和このうえなしではありませんか!

ソフトタッチで優しい雰囲気があるものの、ポイントはエロチックな響きをもっている点です。

炊き立てごはんの匂いが鼻をくすぐったり、ぬるい春風が頬をなでたり。平和ながらも、柔らかい部分にふんわりと忍び寄る感じがありませんか。あるんです(独断)。

しかし、インパクトが薄い?フックが弱い??印象に残らない???

確かにそれは一理ありますね。でも、どちらかと言えばエロスを内包している言葉、筆者は大好物です!

結局どちらも使いやすい言葉

あ、どうしよう。落としどころがわからなくなってしまいました……。

「刺さる」は便利だけれど、使いすぎると効力は薄れます。刺さる!マジ刺さるそれ!!うっわ刺さる!!!連発するほど、うさんくささは増大しますので気を付けましょう。

「なでる」「くすぐる」は、頻繁に使うと変態さんになってしまいます。こちらも注意したいところですね。

今、刺激に慣れてしまった私たちに必要なのは、優しくて包容力のある言葉ではないでしょうか?

刺さる言葉もいいけれど、なでる言葉も時には使いましょう。なにより自分が優しい気持ちになれるからおすすめですよ。

この記事をお届けした
泥ろぐの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

スポンサーリンク