文章よりも画像選定が大変!?WEBライターの苦悩4選

20150827aa

ライターの仕事というと……雑誌やWEBで連載を持ち、
コラムなどを書く人をイメージする人は多いでしょう。

しかし、WEBライターと呼ばれる多くの人たちが関わるのは
その想像とは少し違った仕事になります。

WEBライターは自分の意見を表現するのではなく、
伝えなければいけないことをわかりやすい文章にして届ける
という役割を担っているのです。

大島悠さんの文章、ライターは“翻訳家”というのがとてもしっくりきます。


そこで今回はWEBライターの苦悩4選として、
経験してはじめてわかった“WEBライターの大変なところ”をご紹介します。

スポンサーリンク

画像選びに時間がかかる

ここ2~3年、とくに多くなったなと感じるのが
記事作成と画像選定がセットになっている案件。
これが結構クセものなんです。

画像は著作権フリーで無料のものから、
記事内容に沿ったものを選択しなければいけません。

有名サイトのフリー画像は他サイトでもよく見かけるので、
あまり使いたくない。
かといってマイナーなサイトでは、いい画像をすぐに見つけられない。
本当に納得のいく画像を見つけようとすると、とても時間がかかる。

これは、私が画像選定に慣れていないせいもありますが、
多くのライターが頭を悩ませるところではないでしょうか。

もはや定番メニューとなりつつある、記事作成と画像選択のセット。
効率よく、イメージ通りの画像選びの方法を見つけたら
こちらで紹介しますね。
(まだまだ模索中……)

不本意な内容を書くこともある

これは、WEBライターなら誰でもぶつかる壁のようなものです。

WEBライティングは、記事を書いても
自分の意見を挟んだり、物申したりといった案件はそれほど多くありません。

大半がコツコツと調べ物をして、間違いのないように記事にまとめる。
そんな地道な作業になります。

その時は、“クライアントの意向に沿って”というところが大前提となるのです。
事実は事実として記事にしますが、
それをどんな方向に持っていくのかはクライアント次第です。

結論として、だから●●の××はとってもおすすめ。
と、心の中ではおすすめでなかったとしても、書かなければならないのです。

どこまで自分を抑えるか。
それは人それぞれだと思います。

仕事だからと割り切って書く人もいれば、
自分の信条を曲げてまで書きたくない
という人もいるでしょう。

それぞれ事情があり、意見はわかれるところです。
どちらがいい/悪いとは一概には言えません。

ただ、WEBライターの仕事をするなら、
こういう事態が起こることも覚悟しておきましょう。

ネットの情報に頼りがち

WEBライティングでは、ネットの調べものが中心になります。
もちろん、図書館や本屋さんに行くことだってあります。
記事によっては取材やインタビューする場合もあるでしょう。

でも多くの案件はネットの情報を隅々まで調べ、
正しい情報を読みやすく、わかりやすくまとめて記事にする作業が多くなります。
とくに最初のうちは、安い報酬でネット検索→記事作成というケースがほとんでしょう。

大量の案件を引き受けた場合は、その分パソコンとにらめっこ状態。
朝から晩までパソコンにかじりついて調べ物をしていると、
ふとした瞬間に“何してるんだろう”なんて気分になることも。

そういったライターをこたつライターなんて揶揄される場合もありますが……

それを経てどの道へ進むかは別れるところ。
こたつライターが嫌なら違う道を模索すればいいし、
こういう仕事だと割り切って、スピードをどんどん上げ
プロフェショナルになる道もあります。

内容や記事作成の方法がどうであれ、
今必要とされている記事であることは確かなんです。
まあ、これはいろいろと考えるところがあるので、また別の機会にでも。

WEBライターなんて簡単という風潮がある?

ひとくちにWEBライターといっても、ピンからキリまでいるわけです。
記事の内容に始まり、単価も文章力も経験もみんな違う。
けれど、

・副業でライターしませんか?
・初心者大歓迎!
・誰でもできるWEBライターのお仕事
・主婦が空き時間に稼ぐWEBライター仕事

などなどの文字がネット上に氾濫しているので、
誰にでもとっつきやすいイメージがあるようです。

上にも書いた通り、こたつ記事なんて他人の文章をパクっただけ!
と言われてしまうこともありますね。

そんなの全く気にしない!と思いつつ、
どこかでなんか後ろめたいような、罪悪感のような
そんな不思議なマイナスの気持ちが、案件によっては生まれることも……

あれ?なんだか最後のほうは何を言いたいのか
わからなくなってしまいました。

どんな仕事にも迷ったり悩んだりするところがあるように、
WEBライターの仕事にもいろいろな壁があるんですよ、ということです。

実際にやってみないとわからないこと、いっぱいありますよね。
まぁ、最初から全部わかってることなんておもしろくない
そう思います。

ここまで読んでいただきありがとうございます!
それでは、また。泥ぬマコでしたー。

文章よりも画像選定が大変!?WEBライターの苦悩4選
この記事をお届けした
泥ろぐの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

スポンサーリンク